大谷 琢磨 Otani Takuma

■ 研究テーマ:アフリカ都市部におけるインフォーマル交通の規範維持       ―ウガンダにおけるバイクタクシー運転手の「客待ち場所」に注目してー

専門分野:地域研究,文化人類学,人文地理学
キーワード:交通機関,パラトランジット,モラル,                                              インフォーマリティ,インフラストラクチャー

■ 業績一覧

【学術雑誌等掲載の論文その他】
大谷琢磨. 2019. 「ウガンダでITがつくるバイクタクシーの安心」『アジア・アフリカ地域研究』19(1): 89-92.

大谷琢磨. 2016. 「ウガンダ都市部におけるボダボダ(バイクタクシー)の研究―予備調査の報告」 『参加と批評』 10: 142‐167.

【短報・エッセイ・報告書】
大谷琢磨. 2019. 「アフリカで身近に感じた隣人」『Panda杯作文コンクール』, 人民中国雑誌社.

Otani. T. 2016. “Economic and Social Positions of Motorcycle-Taxi Drivers in Urban Uganda”. Center for On-site Education and Research, integrated Area Studies Unit Center for the Promotion of Interdisciplinary, Kyoto University.

大谷琢磨. 2016. 「ピンクのユニフォームは信頼の証」 『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン:メルマガ写真館』 119.

【口頭発表】
Otani. T., “Youth and Boda Boda Motorcycle Taxi Drivers in Urban Uganda:Focusing on Empisa and Self Regulated Organization”, African Youth Studies Meeting, in ILCAA, Japan, July 2021.

Otani. T., “Creation of Competitive and Trustful Relationships among Bodaboda Motorbike Taxi Drivers in Urban Uganda”, The International Conference on Geographical Science for Resilient Communities, Ecosystems and Livelihoods under Global Environmental Change, in Kampala, Republic of Uganda, December 2020.

大谷琢磨. 「アフリカ都市部における若者間の信頼関係の創出に関する研究―ウガンダにおけるバイクタクシー運転手の「客待ち場所」に注目してー」. 日本アフリカ学会 第56回学術大会. 2019年5月.

Otani. T., “Safety Net of Motorbike Taxi Drivers in Urban Uganda: Focusing on “Stage” (Taxi Rank) Groups of the Drivers”, Uganda- Japan Area Studies Forum 2018, in Kyoto, Japan, June 2018.

大谷琢磨. 「ウガンダ都市部におけるバイクタクシー運転手のセーフティネット構築」. 日本アフリカ学会 第55回学術大会. 2018年5月.

Otani. T., “Mutual Aid among Motorbike-Taxi Drivers in Urban Uganda”, Kick-off symposium in Kyoto, in Kyoto, Japan, March 2017.

大谷琢磨. 「ウガンダ都市部におけるバイクタクシー運転手の同業者グループに関する研究」. 日本アフリカ学会 第54回学術大会. 2017年5月.

【担当経験のある科目(授業)】
大谷琢磨, 「ウガンダ都市部におけるバイクタクシー運転手の相互扶助に関する研究」『地域研究概論』, TAゲスト講師,京都大学, 2018年7月20日.

大谷琢磨, 「アフリカ都市部における若者の信頼の創出に関する研究―ウガンダにおけるボダボダ(バイクタクシー)運転手の「客待ち場所」に注目してー」『基礎演習1』, ゲスト講師, 龍谷大学, 2019年10月9日.

【おもな研究プロジェクト】
大谷琢磨, 日本学術振興会特別研究員(DC2)研究奨励費(課題番号19J15208), (研究題目:「アフリカ都市部のインフォーマリティに関する人類学的研究―バイクタクシーを事例に―」), 2019年4月~2021年3月.

大谷琢磨, 笹川研究助成(学術研究部門),(課題番号29-134), (研究題目:「 アフリカ都市部における若者のセーフティネット構築に関する研究―ウガンダのバイクタクシー協会を事例に―」), 2017年4月~2018年3月.

大谷琢磨, 公益信託澁澤民俗学振興基金(大学院生等に対する研究活動助成), (研究題目:「ウガンダ都市部におけるバイクタクシー運転手が築く社会的ネットワークに関する研究」), 2018年4月~2019年3月.

【学術貢献活動】
JASID-JASNIDS「JJ政策フォーラム」コメンテーター,日本(2019年12月14日)

AISEC京都大学委員会「アフリカで調査するとは」アフリカタルシス,ゲストスピーカー,日本(2019年7月8日)

あしなが育英会主催「奨学生家庭の生活と教育に関する実態調査」 調査員,日本(2017年11月~2019年12月)

あしなが育英会主催「あしながジュニアイングリッシュキャンプ調査」 調査員,フィリピン共和国(2016年3月~2018年3月)

あしなが育英会主催「あしながウガンダの教育活動調査」 調査員,ウガンダ共和国(2014年4月~2016年3月)

あしなが育英会主催「ウガンダ都市部におけるHIV/AIDS遺児家庭訪問調査:調査報告」あしながウガンダ教育活動調査,ゲストスピーカー,日本(2014年4月)

【調査地】
ウガンダ共和国(南部)

Back to Researchers