新刊案内 『アフリカで安全にフィールドワークするために―ウガンダ編―』

京都大学アフリカ地域研究資料センターでは、アフリカで安全にフィールドワークを実施するための手引きとして、危機管理のための対応マニュアルを国別にまとめています。4冊目にあたる本書ではウガンダを対象として、事件・事故などへの対処、感染症の予防と対策、調査許可の取得、出入国時に注意すべきことなど、フィールドワークに関わる様々な情報を掲載しています。

なお本書に記載した内容は、2019年2月時点の情報に基づいています。

 

編者 太田 至・大山修一・朝田 郁・浅田静香・中澤芽衣・堀 光順・大塚亮真
発行者 京都大学アフリカ地域研究資料センター
発行年月日 2019/03/31
ページ数 i+52ページ

付記)このマニュアルは、平成30年度京都大学全学経費「海外調査における安全確保・緊急時対応に関する行動計画検討プログラム:危機対応シミュレーションによる危機管理体制の整備」により作成されました。

アフリカで安全にフィールドワークするために:ウガンダ編

カテゴリー: 未分類 | コメントする

新刊案内 『遊牧の思想―人類学がみる激動のアフリカ―』が出版されました。

アフリカの遊牧民に魅せられた人類学者たち22人によるアンソロジー。彼らに惹かれる最大の理由は、その「ブレない生き方」。現在さまざまな困難に直面する私たちにとって、同じように激動の時代を生きる遊牧民の思想は、どんな意味をもつのか。読者とともに考えたい。

編者 太田 至
曽我 亨
出版社 昭和堂
出版年月日 2019/03/30
ISBN 9784812218242
ページ数 xi+376+xページ
定価 本体3,300円+税

共著者

北村光二、内藤直樹、太田至、曽我亨、杉山祐子、湖中真哉、波佐間逸博、河合香吏、佐川徹、川口博子、目黒紀夫、中村香子、孫暁剛、泉直亮、楠和樹、稲角暢、羽淵一代、関根悠里、作道信介、白石壮一郎、庄司航、松隈俊佑

カテゴリー: 未分類 | コメントする

フォーラム “Uganda-Japan Area Studies Forum 2018”

2018年6月12日にウガンダ共和国・マケレレ大学環境マネジメント学科よりJohn Tabuti教授をお招きし、京都大学稲盛財団記念館にてフォーラム”Uganda-Japan Area Studies Forum 2018”を開催いたしました。
Tabuti教授と京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科の院生5名が発表しました。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ワークショップのお知らせ 「アフリカ紛争後社会と〈若者〉」

2016年10月31日(月)、ワークショップ「アフリカ紛争後社会と〈若者〉」が、開催されました

カテゴリー: 未分類 | コメントする

出版情報 『アフリカ潜在力シリーズ全5巻』

2016年3月、太田至シリーズ総編集『アフリカ潜在力シリーズ全5巻』(京都大学学術出版会)が、刊行されました(第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻

カテゴリー: 未分類 | コメントする