研究者 Researchers

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科/アフリカ地域研究資料センター 所属

<教員>

氏名 調査国 研究テーマ/専門分野/キーワード
太田 至 教授
Itaru Ohta
ケニア共和国,
ウガンダ共和国
アフリカの牧畜社会における家畜ー人間関係の諸相,および社会の変容に関する研究
高橋 基樹 教授Motoki Takahashi ケニア共和国 開発経済学/政治経済学/アフリカ地域研究/開発/国家/市場経済/貧困削減/国際協力
大山 修一 准教授
Shuichi Oyama
ザンビア共和国,
ニジェール共和国,
ウガンダ共和国
地理学/アフリカにおける自然・文化・社会の総合理解/生業研究/環境利用/環境劣化/砂漠の緑化/環境修復/土地制度/平和構築

 

<大学院生>

氏名 調査国 研究テーマ
稲角 暢
Nobu Inazumi
ケニア共和国 ケニア中西部のポコット社会における家畜管理の変容と養蜂にかんする研究
浅田 静香
Shizuka Asada
ウガンダ共和国 調理用エネルギー源の転換とバイオマス・ブリケットの生産,普及に関する研究
中澤 芽衣
Mei Nakazawa
ウガンダ共和国 ウガンダ南西部における女性世帯主世帯の生計活動に関する研究
山崎 暢子
Nobuko Yamazaki
ウガンダ共和国 紛争後社会における生活再建の動態に関する研究
善積 実希
Miki Yoshizumi
ケニア共和国 ケニア・サンブル社会における身体障害者の生活実践に関する研究
堀 光順
Kohjun Hori
ウガンダ共和国 ウガンダ南西部の人口稠密地域における斜面農耕と自然利用に関する研究
小林 大輝
Daiki Kobayashi
ケニア共和国 ケニアのカカメガ森林保護区の近隣住民による薪の調達と利用に関する研究
大谷 琢磨
Takuma Otani
ウガンダ共和国 ウガンダ都市部における若年者の就業に関する研究:バイクタクシーという仕事に着目して
セーラ・ジョルジーナ
Seera Georgina
ウガンダ共和国 The coexistence of obesity/overweight and underweight/hunger in Uganda
(ウガンダにおける飢餓と肥満の併存状態に関する研究)
大塚 亮真
Ryoma Otsuka
ウガンダ共和国 ウガンダ共和国ブウィンディ原生国立公園におけるマウンテンゴリラの住民参加型保全とエコツーリズムの持続可能性に関する研究
池本 春美
Harumi Ikemoto
ケニア共和国 職業訓練と女性の社会的地位:ケニアにおける「エシカル・ファッション・イニシアティブ」の事例
久保田 ちひろ
Chihiro Kubota
ケニア共和国 ケニアにおける土地政策が農業世帯に与える影響
七五三木 環
Tamaki Shimegi
ウガンダ共和国

 

<研究員>

氏名 調査国 研究テーマ
孫 暁剛
Xiaogang Sun
ケニア共和国 乾燥地域における生業牧畜の持続性とその動態に関する生態人類学的研究
山根 裕美
Yumi Yamane
ケニア共和国 ヒョウと人の共存を目指して:ケニアにおける保全政策アクション・プランの構築
楠 和樹
Kazuki Kusunoki
ケニア共和国 北ケニアにおける国家・市場・家畜:植民地統治期以降の家畜交易をめぐって
村橋 勲
Isao Muharashi
南スーダン共和国,
エチオピア連邦民主共和国,ウガンダ共和国
南スーダン難民の生計,コミュニティ形成,帰属意識に関する文化人類学的研究/東アフリカの製鉄技術の実験考古学的研究
川口 博子
Hiroko Kawaguchi
ウガンダ共和国 ウガンダ北部紛争をめぐる日常と移行期正義に関する地域研究:在来の賠償制度、国際刑事裁判所、うなづき症候群

 

他大学・他機関 所属

氏名 現所属 調査地 研究テーマ/キーワード
梶 茂樹
Shigeki Kaji

(京都大学名誉教授)
京都産業大学 ウガンダ共和国 アフリカ諸言語を対象とした研究手法の開発と記述研究,ならびに言語研究をベースとした民族の文化・歴史に関する研究
波佐間 逸博
Itsuhiro Hazama
長崎大学 ウガンダ共和国 アフリカの牧畜社会における家畜:人間関係の諸相,および紛争と共生に
坂井 紀公子
Kikuko Sakai
金沢星稜大学 ケニア共和国,ウガンダ共和国 『いちばにおける女性の商業活動』『女性の金融活動』『ウガンダ北部における「うなづき症候群」』に関する研究関心領域
白石 壮一郎
Soichiro Shiraishi
弘前大学 ウガンダ共和国 東アフリカ小農社会における,農業の商業化にともなう社会関係の再編
内藤 直樹
Naoki Naito
徳島大学 ケニア共和国 牧畜民社会における生業変容と民族間関係の動態に関する人類学的研究
中村 香子
Kyoko Nakamura
東洋大学 ケニア共和国 牧畜民サンブルの身体装飾と年齢体系に関する人類学的研究
佐川 徹
Toru Sagawa
慶應義塾大学 エチオピア連邦民主共和国,ケニア共和国 東アフリカの低強度紛争と平和維持,牧畜社会と近代国家の関係史
佐藤 靖明
Yasuaki Sato
大阪産業大学 ウガンダ共和国 ウガンダ中部ブガンダ地域におけるバナナの民族植物学的研究
庄司 航
Wataru Shoji
ケニア共和国 ケニア共和国農村地域における在来野菜の利用と流通に関する研究
大門 碧
Midori Daimon
北海道大学 ウガンダ共和国 ウガンダ共和国の首都カンパラで公演されるショー・パフォーマンスに関する文化人類学的研究
近藤 有希子
Yukiko Kondo
同志社大学 ルワンダ共和国 アフリカ大湖地域における多元的な歴史の生成と暴力に抗する共生社会に関する研究
田 暁潔
Xiaojie Tian
筑波大学 ケニア共和国 牧畜社会における子どもの在来知識の習得と伝承に関する生態人類学的研究
鈴木 翔子
Shoko Suzuki
コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 ウガンダ共和国 紛争後ルワンダにおける日常生活の変容に関する研究

 

最終更新日:2018年6月23日